生存率のウソ?ホント?

よく開業指南本や開業支援サイト、コンサルな会社のページなどで見る「開業率、廃業率、ウン年生存率」という言葉が、どの程度信憑性があるのか、調べてみた。 開業率、廃業率とは 開業率の計算方法だが、年間の開業率を計算するには以下のような式で求める。  開業率とは、有る特定の期間において... Read more

問題を切り分けると問題が簡単になる

このブログの読者の方から、こんな話をいただきまして。 (オスカーが)以前のような湯温、湯の圧力にならず、湯の出具合も安定しなくなりました。 はてさて。どこが悪いのでしょうかね。 問題が多すぎる(湯温、抽出圧、抽出の安定と三つの問題がある)し、それぞれ単独で症状が出るのか、全部まと... Read more

スペシャルティコーヒーの割合はどのくらいか調べてもわからないワケ。

日本のコーヒー消費量は、ほぼ輸入量と同じである。なぜなら、国内産のコーヒーがあるにはあるのだが、量としては無視できるほど少ないからである。 さて、日本のコーヒーの輸入量はどのくらいか。 ざっと調べたら、最古で1877年の記録。記録があるところがすごいな。 1877年 18トン す... Read more

エチオピアが日本を提訴

コーヒー豆:名称巡りエチオピア政府と業界団体が法廷闘争  コーヒー豆「シダモ」「イルガッチェフェ」は商標か、それとも単なる地名か? エチオピアと業界団体「全日本コーヒー協会」(東京都中央区)の対立が法廷闘争に発展している。5日、知財高裁(中野哲弘裁判長)で第1回口頭弁論があり、エ... Read more

GAPとH&Mとユニクロと・・・ソバ屋とカフェ。

GAPが自らの業態を指して発明した言葉「SPA」。日本語訳は「製造小売業」である。 野村総研の用語解説ページから引用させていただくと、  SPAとは、ファッション商品の企画から生産、販売までの機能を垂直統合したビジネスモデルで、日本語では「製造小売業」と訳されます。  SPAの由... Read more

デザインの力。

なんかどっかで見たようなタイトルの記事だけど、世の中にはすごい才能を持った人がたくさんいるわけで、その中にはデザインの才能がすごい、という人も、やっぱりたくさんいるわけだ。 昔のテレビは4対3の比率で、今のテレビは16対9。 黄金比というものがあって、これは近似値で1対1.6。 ... Read more

「渋カフェ」を読んだ

「渋カフェ」という本を読んだ。 出版社の説明によれば、 どちらかといえば渋い感じのカフェだったり、喫茶店だったり……略して「渋カフェ」 だそうだ。 こだわりのあるカフェをジャンル別に紹介している本。 そのジャンルをはじめのほうからいくつか紹介すると、 眺めのいい店 一人で篭りた... Read more

外食産業の市場規模は横ばい?

カフェの市場規模ってどのくらい? グーグル先生に聞いてみたら、こんなページを紹介された。 日本貿易振興機構(ジェトロ) 日本の外食産業市場調査 リポートはちょっと古くて2004年なんだけど、このリポートの13ページに興味深い表がある。 1982年をピークに、カフェ(喫茶店)の市場... Read more

廃業率、2位。

同じ目標を持つカフェトキワ荘に、カフェは継続性が厳しいというような記事があった。 以下引用。 あくまで聞いた話なのですが、 カフェ開業後に継続して経営できている確率はかなり低いそうです。 (中略) 飲食の中でもカフェは比較的開業しやすく、 その分うまくいかないケースも多いとのこ... Read more

株式会社にするか、個人事業主で行くか、それが問題だ

三つ前のエントリが、カフェ開業が失敗したらどーなるんだろ?という話で終わっていたんだが、その続き。 もし成功したら、毎日楽しいうえに金持ちになる。幸せだ。 うん、これはいい。成功しようじゃないか。 でももし失敗したら? 失敗が怖くてアントレプレナになれるもんか!と言いたいところだ... Read more