インハウスセミナーを開催してきました

今日は東京某所にあるけっこう大きめのレストランにて、エスプレッソマシンとグラインダーを持ち込んでのインハウスセミナーを開催した。電源の都合がつかず、100Vマシンを使用。
先方よりのご希望で「エスプレッソとコーヒーについての全般と、どうやったら美味しいコーヒーが淹れられるか」という幅の広い内容。
サービス、ソムリエ、シェフ、パティシエとほとんどの部門の皆さん、10人近い参加者でのセミナーとなった。
こちらは、バリスタ二名と僕(しゃべる担当)の合計三名。
最初に「エスプレッソとは」というような説明から入り、コーヒー一般の説明、スペシャルティコーヒーに関する説明や美味しいコーヒーを入れるベーシックな部分を説明していると、さすが現役のレストランのスタッフだけあって、どんどん熱が入ってきているのが感じられた。
実際に抽出して味を確かめてみるという段になると、バリスタの手元を覗き込み、どんどん質問が飛んでくるようになった。それがまた的確な質問ばかりで、進行しながら「さすがだなあ」と感心してしまうほど。味を確かめても、ちゃんと味を取ってもらっている感じで、普段から味覚を鍛えている人たちというのはすごいなあと思わされた。また、そういう人たちだからこそか、コーヒーに関しても今までおざなりにしてきた部分について出来る部分からどうにかしたい、これを機に勉強していきたい、という気持ちが伝わってきた。
セミナー.jpg
今回、バリスタが二人いたので僕はしゃべるほうに専念でき、見てもらいながらずーっと説明をすることができた。
一通りエスプレッソについての説明と実演、そして味見ができたところで、アレンジドリンクということでロングブラック・・・いや、アメリカーノ、カプチーノ、フレーバードカプチーノを提供し、フリーポアのラテアートや、ピックとソースを使用したデザインカプチーノを作り、それぞれまた味見をしたもらった。
規定の時間を終了したところで、質問を受け付けて終了、片付けに入る・・・つもりが、参加者の皆さんからの質問がかなり長引いてしまい、僕たちは後ろの予定が無かったのだけどレストランは予約など入っているわけで「時間だいじょうぶかな」とこちらが心配してしまうほど、時間がオーバーしてしまった。
そして最後にご挨拶をして帰ろうかと思ったところで、パティシエさんからうれしい差し入れ。
「これ食べてってくださいー!」
334164284.jpg
ごちそーさまでした!めっちゃうまかった!
というわけで、インハウスセミナーも無事終了。
その後、撤収して帰ろうとしたら道が混んでて夕飯食べて少し渋滞が減ったところで帰ろうかと神田(淡路町)の松榮亭でご飯たべて帰りました。このハヤシライスがめちゃうまかったんだけど、それはまた別の話^^


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です