おいしいコーヒーの真実~Blackgold

おいしいコーヒーの真実、という映画を見た。
blackgold.jpg
コーヒー豆を世界中に輸出するエチオピア。だがこの国のコーヒー農家は、未曾有の困窮に瀕していた。どうして彼らは、子供に教育の機会を与えられないばかりか、餓死させてしまうほどに貧しいのか…。
コーヒーの有数の生産地、エチオピア。そのコーヒー豆は世界中で高値で取引されていると思いきや、実際に農家の手に渡る対価は非常に低い。
スターバックスのコーヒー一杯における比率では、1~3%程度。
フェアトレードという言葉は知ってたし、そういううたい文句の商品を購入したこともある。ただ、自分がそういうものを手にすることが、実際にどの程度の効果があるかは疑問だったことも事実だ。
サステイナブルというキーワードを、この映画を見た後に知った。良い取り組みだと思う。
この映画がすべてを語っているわけじゃないし、一方的に誰かの考えを鵜呑みにさせられるのもイヤだ。
でも、何ができるのか、何をしなければいけないのか、考えさせられたことも事実だ。
さて、未来の僕のカフェは、フェアでありたいともちろん思っている。思っているけども、フェアであるためにはいったい何をどうしたらいいんだろう?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です